猫と一緒にちょっと一息

お猫様につっこまれつつ、呟いたり語ったり。毎日、楽しいこと探すわよ。

2017.07.08.Sat

『ワールド・トレード・センター』

録画してあった『ワールド・トレード・センター』を観た。

9・11同時多発テロの標的となった貿易センタービル。
そこから奇跡的に生還した警官を描いた、実話をもとにしたドラマ。

テロについて語ることなく進んでいくストーリーは
人間の底力を見せつけてくれた。

「人は助け合った。
それが、当然で正しいことだったから。」

とあったけれど、
この言葉、しっかり心に刻んで
日常にも活かしたい。

今、九州地区を豪雨が襲い、
人々の命や暮らしを奪っている。
自然の力は驚異だけれど、
なんとか耐えて、復活してほしい。

IMGP7516.jpg


今日も来てくれて、ありがとう。
ぽちっとよろしくお願いします。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ



web拍手 by FC2
2017.06.29.Thu

『ジョン・ウィック・チャプター2』

『ジョン・ウィック・チャプター2』

監督 : チャド・スタエルスキ
総監督指揮 : デヴィッド・リーチ、P.G.A
主演 : キアヌ・リーブス



試写会が当たったので、急いで前作を観て、準備万端で行って来た。
まーアドレナリン出まくりだわ。
帰りはドアが閉まる寸前にひらりと電車に乗り、
身のこなしも軽やかだった。


50歳を過ぎたおっさんキアヌは、渋さを増してさらにかっこよかった。
一時、でぶでぶのだらだら生活をしていた人とは思えない。

やっぱり、現実離れした超アクションものは
かっこいい人がやらないとね。

この際、ストーリー展開なんてどうでもいいわ。
スカッとぶっとび~~~~



今日も来てくれて、ありがとう。
ぽちっとよろしくお願いします。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ




web拍手 by FC2
2017.06.26.Mon

『サバイバルファミリー』

『サバイバルファミリー』

原案・脚本・監督 : 矢口史靖(やぐちしのぶ)
出演 : 小日向文世 深津絵里 ほか




シンガポールの往復の飛行機の中で、6本の映画を観た。
そのうちのひとつ。

東京で暮らす、鈴木一家は、一緒にいるのに
なんとなくバラバラ、というありがちな一家。
ある日突然、、電気を必要とするすべてのものが使えなくなった。
サバイバルとは程遠い鈴木家だが、さて、どうなるのか・・・

だんだん家族がまとまっていく様子が、とても心地よい。
そこで、もし自分がこんな状況になったなら、と想像してみる。
我が家を重ね合わせ、サバイバルしたつもりになって、
やっぱり家族は一丸とならなくちゃね、とひととき心を新たにする。

一人で新たにしたってしょうがないのだけれど。

深津絵里のセリフで
『お父さんは、そういう人なんだから。』
と言うのがあるのだけれど、
一番光ったセルフだったわ~


今日も来てくれて、ありがとう。
ぽちっとよろしくお願いします。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ



web拍手 by FC2
2017.05.21.Sun

『家族はつらいよ』

『家族はつらいよ』

監督 : 山田洋二
出演 : 橋爪功 ほか




あははは~って笑っちゃう、楽しい映画。
「家族会議」って響きが大好き。

なんせ、私の両親は、家族に無関心の父親と
関心はもっぱら外にある母親。

結局、離婚したわが実家に、家族会議があるわけもなく、
そういったことが世間では行われていたりすることに
非常にびっくりしたことを思い出す。

腹割って話さないとね。

IMG_4938.jpg



今日も来てくれて、ありがとう。
ぽちっとよろしくお願いします。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ



web拍手 by FC2
2017.05.14.Sun

『彼らが本気で編むときは、』

『彼らが本気で編むときは、』

脚本・監督 : 荻上直子
出演    : 生田斗真 桐谷健太 柿原りんか


266365.jpg


心の美しいトランスジェンダーの女性リンコと、マキオと、
孤独な小学5年のトモ。
リンコの優しさがトモを包んでいく。
そのリンコをまるごとマキオが包む。
人は優しさに包まれると、強くなれる。

いろんな形の母と子の関係が表現されていたけれど、
リンコをまるごと受け止める母の愛は
ステキすぎて、涙が出た。

「バーバー吉野」「かもめ食堂」「レンタネコ」・・・
荻上監督の作品はどれも好きだけれど、
これは特別大好きな作品。


新宿での上映は、今日が最終日。
観にいってよかった。


今日も来てくれて、ありがとう。
ぽちっとよろしくお願いします。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ



web拍手 by FC2
2017.05.07.Sun

『夏の庭』

連休最終日、録画してあった映画を観た。


『夏の庭』

監督 : 相米慎二
原作 : 湯本香樹実
出演 : 三國連太郎 ほか

Farewell(愛する人を失ったあとの苦しみを表現している) by Sergio Assad

時代は昭和。少年たちと老人の交流を描いた作品。
老人の最期に興味を持ち、観察し、言葉をかわし、
同じ時間を過ごす・・・

コミュニケーションはこうやって育まれるんだな、と思った。

昭和の風景とセジオ・アサド兄弟のギターがいいわ。
子供が主役だけれど、大人の映画ね。
子供が観たら、退屈かな。

監督も三國さんも、もうこの世にいないけれど、
こうして時々テレビで放送してほしいわ。



今日も来てくれて、ありがとう。
ぽちっとよろしくお願いします。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ



web拍手 by FC2
2017.04.22.Sat

『カフェ・ソサエティ』

『カフェ・ソサエティ』


監督 : ウディ・アレン
出演 : ジェシー・アイゼンバーグ  クリスチャン・スチュアート 他




昨夜は試写会が当たったので、友達を誘って行ってきた。
刺激的でときめく人生をおくりたいと、ニューヨークを離れたボビー。
1930年代の華やかな映画の都ハリウッドで恋をする。
そのお相手とは・・


ゴールデンエイジならではのきらきらした世界が
目の保養になること間違いなし。

忘れられない恋がいつまでも心に絡みつく。
そんな、あま~いラブコメディ。

IMG_4821.jpgこれは、甘さ控えめ。

試写会の前に、学士会館のセブンズハウスでタワーワッフルをいただいた。
カスタードクリームがおいしかったわ。

IMG_4822.jpg
お友達に、いつも取り寄せていると言う、鍵庄の味のりをいただいた。
楽しみ~


今日も来てくれて、ありがとう。
ぽちっとよろしくお願いします。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ



web拍手 by FC2
2017.04.02.Sun

『あん』

『あん』

監督 : 河瀬 直美
原作 : ドリアン助川

出演 : 樹木 希林   永瀬 正敏  他


200.jpg


ハンセン病をテーマにしたお話。
監督は、『殯の森』の河瀬監督。


舞台にもなっているハンセン病療養所は、
私が小学校高学年の頃、ガールスカウトのみんなと訪れた
あの場所に違いない。

すっかり奥のほうにしまわれていた記憶が甦る。
人間が、自分と違うものを怖いと感じると同時に、
だからといって、いったい何が違うのか?と感じた記憶が。

あの時、訪れただけで、誰も何も教えてくれなかった。
でも、それでよかった。

病気だからと言って、何も違わない。
ただ、接し方がわからず、怖いのだと、今ならわかる。

ハンセン病だからと差別してきた歴史は、
人間は、過ちを犯す生き物だということを物語る。

もしかしたら、今も過ちを犯しながら生きているのかもしれない。
過ちに気がついたとき、ごめんなさいと頭を下げて
正しいほうへ進んでいく勇気が持てますように。

小学生だったあのころから数十年。
『やり残したことは、ありませんか?』と聞かれたら、
いったい私は何をしてきたのだろうと、思う。
少し、考えてみようかな。



今日も来てくれて、ありがとう。
ぽちっとよろしくお願いします。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ




web拍手 by FC2
2017.03.26.Sun

『ぼくと魔法のことばたち』

『ぼくと魔法のことばたち』

監督 : ロジャー・ロス・ウィリアムズ
出演 : オーウェンとオーウェンの家族 他

IMG_4709.jpg試写会に行ってきました。
 
2歳で言葉を失い、自閉症と診断され、
6歳まで誰ともコミュニケーションをとれなくなってしまったオーウェン。
ある日、彼の意味をなさない言葉が
ディズニーアニメーションに登場するセリフと気づいた父親ロンは
そのキャラクターになりきって、会話をするきっかけをつかむ・・・

この映画は、家族の愛情とサポートをする人々により、
彼が自立するまでの姿を描いたドキュメンタリー。



さすが、個人の権利を大事にするアメリカだ。
自立した大人になるためのサポートは、日本とは比べ物にならない。

障がいという壁を超えて、
ひとりひとりが、精一杯生きる環境を作ることは
親だけではできない。

そもそも、悩みを一人で抱えて生きていくことなんて、できない。
みんな、誰かのサポートが必要だし、サポートをしている。
お互い様だ。

自閉症の人は、コミュニケーションをとりたくないのではないと
オーウェンは言う。
方法さえわかれば乗り越えられることがある。
彼は見事に乗り越えて、子供から大人になった。

この作品を観て、気持ちが前を向いた。
ぜひ、たくさんの人に観てほしい。


広報担当者によると、
オーウェンは今も自立して元気に生活しており、
家族はそれぞれ支援団体を設立して
障がいを持つ人と家族の支援をしているそうだ。
国の支援があると、個人の支援の輪が広がるのね。



今日も来てくれて、ありがとう。
ぽちっとよろしくお願いします。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ



web拍手 by FC2
2017.02.21.Tue

『Mommy/マミー』

『マミー』

監督・脚本 : グザヴィエ・ドラン
出演 : アンヌ・ドルヴァル スザンヌ・クレマン アントワーヌ・オルヴィエ・ピロン





シングルマザーのダイアンが、
注意欠陥多動性障害の息子スティーブと生活していくなかで
隣に住む訳ありカイラと親しくなっていく・・・

障害のある子供をとりまく問題もさることながら、
どう生きるのか、と問われている気がした。

画面の大きさが1対1なのも気になるところだったが
印象的なシーンとともに、理由がわかる。

障害のある方からすると、こんなの日常よと思うかもしれないが
それを映像にすることに意味があると思う。

切なくて、楽しくて、癒されるけど、問題山済み。
いったいどうやって解決していったらいいのやら・・・

できればたくさんの人に観てほしい。


日曜日に行ったら、完売だったので、今日行ったのだが
平日なのに、ほぼ満席。
これって、マミー人気?ドラン人気?


今日も来てくれて、ありがとう。
ぽちっとよろしくお願いします。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ




web拍手 by FC2

 | HOME |  OLD »