Welcome to my blog

猫と一緒にちょっと一息

CATEGORY PAGE

category: 脳のくせ  1/1

アスペルガー症候群

英歌手、スーザン・ボイルさんが、アスペルガー症候群であることを告白した。アスペルガー症候群の特徴は相手の気持ちを読み取るのが苦手。一つの物事に集中し変化に弱い。独特の感性やこだわりを持っている。などがあげられるが、ボイルさんは『自分のことがわかって、ほっとした。』と話したそうだ。個性的な匂いがします。個性と受け取られればいいが、そうでなければいじめの対象になりかねない。実際、ボイルさんも子供の頃、...

統合失調症

幻聴や妄想が起こり現実と非現実の境がぼやけてしまう病気、統合失調症(とうごうしっちょうしょう)。被害妄想や気分のむらが激しかったり、思考の一貫性が低下して、話のまとまりが欠けてくるなどの症状がある。反対に、感情が乏しく意欲が低下するタイプもある。日常の生活を送るうえで障害となってしまう症状がおきる。原因ははっきりしていなくて、なりやすい体質の人がなんだかのストレスをきっかけに発症するといわれている...

そんなことで

昨夜、友達からお誘いがあり、今日は渋谷でランチ。友達はお仕事してるから、会える日は急にやってくる。こんな時、子供が色々自己解決できる歳になって本当に良かったと思う。夏休みは何してた~なんて話しだして、しゃべりにエンジンがかかりだしたところで、電話が鳴る。『猫のご飯の入れ物が、誰がどれだかわからないので、教えて』と夫。『誰がどれでもかまわん。なんなら食べなくたって死なないー!』と思ったけど、お店だっ...

仕事の行き詰まり

仕事先で、すごく一生懸命なのに、明らかに行き詰まっている人がいる。カリカリ、ピリピリしている。ところが、周りの人のアドバイスが、耳に入らない。自分なりのやりかたを確立したいように見える。上手くいく方法を教わるほうが、はるかに効率がいいはずなのに、それが、できない。仕事ができないのは嫌だから、何とか自分なりにうまいやり方を探そうと努力する。でも、仕事なんて、待ってはくれないし、独自のやり方で人ができ...

ADHD(注意欠陥多動性障害)

昨夜は3人で呑んで、食べて、しゃべって、おおいに楽しかった。メインテーマは発達障害について。友達2人のお子さんがADHD(注意欠陥多動性障害)なので、母として、日々、どんなストレスがあるか、今後どこにむかっていったらいいのかなんかをね。ADHD(注意欠陥多動性障害)とは最近テレビでも取り上げられているので、ご存じの方も多いと思うが、忘れ物が多いとか、話しかけられているときに、聞いていないように見えたり、課題...

表出性言語障害

先日、ある女の子と地下鉄に乗っていたら、近くの席で、高校生らしき男の子が、座席で缶コーヒーを飲んでいた。ペットボトルではなく、缶。いまどき珍しいと思い、身振り手振りで、女の子に伝えた。どこまで伝わったかはよくわからない。女の子は「表出性言語障害」。言葉の表現が、苦手。こちらの言っていることが、わかったとしても、女の子の言っていることは、思いっきりの想像を働かせないと、ほとんどわからない。目的の駅に...

何にする?

冬は決断力がにぶるってテレビでやっていたが、冬だからってわけではなく、自分のことなのに、わからない時がある。自分が何を食べたいのか、何がほしいのか、どうしたいのか・・・自分のことだから、わからないのか?決めるのが得意な時、不得意な時。決めるのが得意な脳、不得意な脳。苦手なことは、誰かに相談するべし。猫は、したいことはっきりしてますね励みになります。ぽちっとよろしくね。ありがとー...

ウィリアムス症候群

No image

私の知っている子で、とっても優しい小学生がいる。「私ね、世間話っていうのが上手じゃないのよ」といえば、「どんまいそのうちできるって!」と励ましてくれるし、「図書ボランティアやってたの。子供達の前で読み聞かせすることもあったよ。」といえば、「すごいね、じゃ本読むの上手なの?」と褒めてくれる。(上手ではないけどね)でもこの子はウィリアムス症候群。定義は、ヒトの7番染色体のエラスチンに関する部分が欠損している...