Welcome to my blog

猫と一緒にちょっと一息

ARTICLE PAGE

寂しい気持ち

友達が、お嬢さんが20歳になったときに手紙をもらったんだって。

『仕方のないことだけれど、わかっているけれど、
いつも家にいなくて、寂しかった』って。

きついな~って。
きついね~って。



友達は正社員だから、専業主婦の人と比べたらそりゃ~家にいないけれど、
ご飯はきちんとつくっているし、いつもお嬢さんの事を考えている。

今でも夜の集まりの前には仕事からそっこーで帰って、
ご飯の支度をきちんとしてから、出てくる。


お嬢さんがお母さんのご飯を食べたいんだって。


うちは、なんでもいいよ~っていうので、ピンとこなかったし、
さほど不思議にも思わなかったけれど、
そんな手紙をもらったって聞いて、ふと思った。


ただ、寂しい気持ちを表現するのに
ご飯を作ってほしいって言ったんじゃないかと。
なのに友達はその言葉に全力で答えていたんじゃないかと。



もしかしたら、他にもっとしてほしいことがあるのかもしれない。
本人もなんだかわからないけれど、してほしいことが・・・

人はどんどん変化して、したいことやしてほしいことが変わってくる。
知らないうちにずれてしまうことってあるかもしれない。





猫さんはじーっと見てると、マイブームがわかる。
ココのマイブームは、黄色の棒。




ctrlボタンを押しながらクリックすると、楽ちんです。
ぽちっと応援していただけると大変嬉しゅうございます。

        にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ        

4 Comments

YUKI  

子育てに関しては、後悔することがいっぱいあるの。
その時は一生懸命だったはずだけどね。
なので、娘にあのときはこうしてほしかった・・とか言われたら凹むだろうな~(T_T)

2013/10/21 (Mon) 23:07 | EDIT | REPLY |   

ぐるこ  

YUKIさんへ

私も今になったら、冷静に考えられるこてが、あの時は、わからなかったなってことがあるわ。

でもね、うまく話ができたら、これからもっともっといい関係になれるような気がするの。
だから、楽しみでもあるのよ。

2013/10/22 (Tue) 15:32 | EDIT | REPLY |   

siroturubami  

ガーン

ガーンとくる記事でした。
 頑張っていてもそう思われてしまうこともあるのか。精いっぱいでも。深いです。
 きっと気持ちをお母さんにわかってほしくて書いたのでしょうね。

2013/10/22 (Tue) 20:54 | EDIT | REPLY |   

ぐるこ  

siroturubamiさんへ

精一杯やっていたら安心というわけにはいかないみたいです。
何して欲しいかな~って観察してないと、残念な結果になってしまうかも。
子育ても仕事も、人が相手だから難しいです。

2013/10/23 (Wed) 09:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment