FC2ブログ

Welcome to my blog

猫と一緒にちょっと一息

CATEGORY PAGE

category: 映画  1/15

『わたしはロランス』

『わたしはロランス』監督 :  グザヴィエ・ドラン出演 :  メルビル・プポー スザンヌ・クレマン ほか結論が出そうで出ない168分。でも長くは感じない。カフェでフレッドがウェイトレスに声を荒げるシーンがある。他人の無神経さ、フレッドの苛立ち、その裏にある気持ちがわからないロランスのほほえみ。とても印象に残った。それでも、会話の中に相手への想いが見える。純粋な愛の物語だ。深い深いところで共鳴している...

『21世紀の資本』

『21世紀の資本』 監督 : ジャスティン・ペンバートン出演 : トマ・ピケティ「728ページの本が103分でまるわかり」というので、かる~い気持ちで観たら、それなりに難しかった。経済オンチの私はおいて行かれるところだった。なんとかついていけたのは、過去の映画や、「ザ・シンプソンズ」まで出てきて300年前からの経済の歴史を映像によって説明してくれたから。とにかく昔から、金持ちの子は金持ちになって貧乏...

『スキャンダル』

『スキャンダル』監督 : ジェイ・ローチ出演 : シャーリーズ・セロン ニコール・キッドマン マーゴット・ロビーほか2月の試写会で鑑賞。会場では、ずっと聞いたことがある曲が流れてて、なんだろうなんだろうと思ったら、今やってるあのパンダのドラマの曲だった。ビリー・アイリッシュの『bad guy』これが、ヒタヒタと忍び寄るエロ親父の視線にぴったり。本当に、よくぞ告発してくれた!この事実を世に広めて、世の中変え...

『レ・ミゼラブル』

『レ・ミゼラブル』監督・脚本 : ラジ・リ出演  :  ダミアン・ボナール アレクシス・マネンティ ほかアン・ハサウェイの「レ・ミゼラブル」のリメイク?こんな状態で試写会へ。(1/27)まったく別物だったのは言うまでもない。もうだいぶ経ってしまったけど、フランスってどうなってるの???という衝撃はいまも続いてる。なぜそう思ったかって?ラストがぞわぞわする。衝撃。あのおしゃれなパリから、ほんの一時間半ほ...

『母との約束、250通の手紙』

『母との約束、250通の手紙』監督 : エリック・バルビエ出演 : ピエール・ニネ シャルロット・ゲンズブール人って、励まされると、強くなれるのね、という映画。実在した天才作家、ロマン・ガリの波乱万丈な人生を描いた自伝を映画化。シングルマザーのニーナは、息子はフランス大使にして大作家になるという夢に向かって邁進する。母はどんな時も息子に期待し、励まし続け、息子は重圧を感じながらもそれに答えようと懸命...

『ハスラーズ』

『ハスラーズ』監督 : ローリンズ・スカファリア原案 : ジェシカ・プレスラー出演 : コンスタンス・ウー ジェニファー・ロペス ほか2008年のリーマンショク後のニューヨークを舞台に、ストリップクラブで働くダンサーたちがウォール街の裕福な男たちから大金を巻き上げたという、嘘みたいなホントの話。2015年にニューヨークマガジン誌に掲載されたジェシカ・プレスラーによる記事に着想を得て、映画化された。ゴージャ...

『ブラック・クランズマン』

No image

『ブラック・クランズマン』監督・脚本・製作 : スパイク・リー出演 : ジョン・デヴィッド・ワシントン アダム・ドライバー1979年、街で唯一採用された黒人警察官が、白人至上主義のkkkに潜入捜査するといううそみたいな本当の話の映画化。第91回アカデミー賞のオスカーは『グリーン・ブック』脚色賞が『ブラック・クランズマン』だ。 人種差別という重たい問題を、エンターテイメントショーとしてみせてくれる。コミカル...

『閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー』

『閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー』監督・脚本 : 平山秀幸出演 : 笑福亭鶴瓶 綾野剛 小松菜奈 小林聡美ほか精神科医である帚木蓬生(ははきぎほうせい)の山本周五郎賞『閉鎖病棟』の映画化。死刑囚でありながら刑の失敗により生きながらえている、梶木秀丸(鶴瓶)。幻聴が聞こえ暴れだしてしまい、家族に疎まれ入院しているチュウさん(綾野剛)。不登校が原因で入院する、由紀(小松菜奈)。他にもさまざまなことを抱えてい...

『マリッジ・ストーリー』

『マリッジ・ストーリー』監督 : ノラ・バームバック主演 : スカーレット・ヨハンソン  アダム・ドライバー女優ニコール(ヨハンソン)は舞台演出家のチャーリー(ドライバー)と結婚して、L.AからN.Yに移り住んでいた。結婚生活に行き詰まり円満な離婚を試みるがうまくいかず、弁護士をたてて争うことになる。振り回されることになるのは、2人の間にいる子供。これを演じているが子役のロバートソン。愛らしいし上手だった...

『真実』

『真実』監督 : 是枝裕和 出演 : カトリーヌ・ドヌーヴ ジュリエット・ビノシュ  ほかカンヌ国際映画祭でアルムドール賞を受賞した是枝監督が、仏日共同制作した作品。日本と世界の壁がなくなったようで嬉しい。話はフランスの映画スター、ファビエンヌが自伝本を出版するお祝いに、アメリカから来た娘一家が滞在している期間を描いている。日本人より、はるかに多い会話。グラスをかたむける食卓。街中でのダンス。日本...