Welcome to my blog

猫と一緒にちょっと一息

ARTICLE PAGE

たかが鉛筆、されど鉛筆

みなさんは、バトル鉛筆(通称バトエン)をご存知だろうか。
一年ほど前、片付けをしたときに出てきたバトエンを
私はバイト先(放課後デイサービス)に持っていった。
そのころは私が一緒に
なんとなく鉛筆を転がして遊んでいたが、
Wii がやってきて、すっかりバトエンはしまいこまれた。

参照記事⇒就活を前にへこむ息子
fc2blog_20140124214747ece.jpg

ところが、先日ちょっとした模様替えをした際、
バトエンを持ち込むより後に入った準常勤さんが
それを見つけて、

「削ってない鉛筆を見つけたので、削って~」

といって、鉛筆を削っては折る、削っては折る、
という作業が好きな女の子に勧めているではないか。

その時女の子は、

『削らない。』

と言ったので、そのまま残っているのだが、
一本100円ほどの鉛筆を、
ゲームも出来る鉛筆を、
一世を風靡した鉛筆を、
そんな風に使われると思ったら
なんだか切ない気持ちになった。


あげたのだから、どう使おうと勝手なのだが。
あげたときには、そう、思っていたのだが。

バキバキ芯を折っては削るというあの作業に使われるのには
忍びない。

後日、私はバトエンルールを書いて持っいった。
バトエンを知らないその人は、やけに派手な鉛筆だな~と思ったそうだ。
ゲームができるんですね~削らなくてよかった~と。


そして思った。
たかが鉛筆でも、思い出が詰まっているんだと。
ないがしろにされたら
嫌だな~と思うのだと。

IMGP6446.jpg
そんなことに今頃気づくなんて、遅いわね。


鉛筆に限らず、放課後デイの子は
想像もつかない遊び方をする。

忍びない気持ちになるのは嫌なので
もう、おもちゃを譲るのはやめにしよう。

規模は違うが、義理の父が
「わしの目の黒いうちは土地(畑とかね)は売らん。」
といっているのがわかる気がした。




ctrlボタンを押しながらクリックすると、楽ちんです。
ぽちっと応援していただけると大変嬉しゅうございます。

        にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ        

2 Comments

YUKI  

うちにもあるよ~(笑)息子に買ってあげたバトル鉛筆。
なので、ぐるこちゃんの気持ちわかるわ~(^_^;)

2015/02/27 (Fri) 11:36 | EDIT | REPLY |   

ぐるこ  

YUKIさんへ

> うちにもあるよ~(笑)息子に買ってあげたバトル鉛筆。
> なので、ぐるこちゃんの気持ちわかるわ~(^_^;)

いくつか種類がありましたよね~
昨年は20周年だったらしく、
復刻版がでたそうです。
思い入れのある人がたくさんいるってことですね!

2015/02/27 (Fri) 21:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment