FC2ブログ

Welcome to my blog

猫と一緒にちょっと一息

ARTICLE PAGE

「その日の前に」

  • CATEGORY
  • PUBLISHED ON2012/ 03/ 21/ 08:30
  • COMMENT4
娘が目を真っ赤にして、

「久しぶりに号泣した。」

と言って、部屋から出てきた。
重松清さんの「その日の前に」を読んだんだと。




重松清さんと言えば、息子の中学受験のころから、
受験問題として、使われることが多くなり、
「短パンデイズ」をはじめ、私もたくさん読んだ。


「その日の前に」は、南原清隆、永作博美、主演で大林宣彦監督により
映画化もされていて、その印象のほうが残っている私にとって、
本を読んだ後味はだいぶ薄れていた。

そんな私のところへ 「号泣した」とい言ってきたんである。
その感覚を共有できないなんて、残念。

「その日」とは人間の「最期の日」という意味だが、
娘は、その日が来る前のこころ構えがまだできないという。
順番で言ったら、私が先なんだから、心配しないでよろしい、
というと、「その準備がまだできていないんだ」という。

そうかいそうかい、
まぁ当たり前だ。
今からゆっくりゆっくり、考えればいい。
私は年金たっぷりもらうために、長生きするから。
と言おうと思ったら、

「だって、まだ、料理教わってないもん。」
だってさ。

おい、食べる心配かい




どれでもぽちっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へbanner (3)





その日の前に

4 Comments

Sabimama  

私はアルツ?

おはようございます。公休をブログに使う悲しいブロガーです。
お嬢さんは、先日も名言(私に1番なんてない)を語り讃辞致しましたが、さすがですね。
コレ良いですよ、目の付けどころが違います。

私も2年前にイッキに読みました。
途中で止められない、と表現した方が分かり易いです(たぶんお嬢さんもそうでしょう)
読み始めから・・・予感はしていても避けられない病魔への恐怖・・・・
衰えていく記憶(まだらです)若くしておこる若年性アルツハイマーの恐怖・・・・に、
コレを読んで「私もヤバイ」と思いました。

几帳面・・・と誤魔化せますが、何かをきちんと確認する事が多い、
見かたによると「忘れて不安で、また確認してる」感じです。

猫を飼っているから玄関の戸じまりは異常に気にします(過去に脱走あり)
ですが、カギが不安で、戻り確認・・・少し出掛けてアレ?と確認。
・・・・これはアルツです・・・・この症状は本にも「きっかけ」で出てました。
忙しくて常に慌てているから・・・と落ち着きのない自分を自己弁護しましたが、
将来が不安です。マジに不安です。

2012/03/21 (Wed) 10:23 | EDIT | REPLY |   

YUKI  

No title

お嬢様、感性がするどくて、優しい子ですね。
オチはあったけど、良い子だわ~
うちの娘は私に似て、推理小説ばかりです。
殺人だの犯人は誰だだの・・そんなことばかりv-12

2012/03/21 (Wed) 13:48 | EDIT | REPLY |   

ぐるこ  

Sabimama さんへ

貴重な公休に訪ねていただき、大変うれしいです。

猫、脱走しますか。
それは、マジに心配です。
サビママさんの将来もついでに心配しておきます。
といいながら、私がヤバかったりして!

2012/03/21 (Wed) 22:49 | EDIT | REPLY |   

ぐるこ  

YUKI さんへ

娘は推理小説派なんですよ。
だから、この本読むなんて、珍しいなと思ってたんです。
ふだんは、恐ろしいセリフが多いです。

2012/03/21 (Wed) 23:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment