FC2ブログ

Welcome to my blog

猫と一緒にちょっと一息

ARTICLE PAGE

『メランコリック』

  • CATEGORY映画
  • PUBLISHED ON2019/ 08/ 21/ 00:25
  • COMMENT0
『メランコリック』

監督・脚本・編集 : 田中征爾
プロデューサー・主人公/鍋岡和彦役 : 皆川鴨二
アクションシーンの構成・演出・松本晃役 : 磯崎義知



「メランコリック」が吉祥寺にやってきた。
力を入れて宣伝しているぞ、
一体どんな映画だ?と思ったら、
ストーリー展開のテンポがいいし、
時々くすっと笑えるシーンもあるし、
ぐいぐい引き込まれた。
これも、ハリウッド式の脚本を学んだ田中監督の力なんだと思う。

個人的には、「東大卒業していい年なのに、実家でアルバイト暮らし」が
すんなり受け入れられている家庭という設定がうれしかった。
「松の湯」のオーナー役の羽田真さんの演技が魅力的で、目が離せない。

IMG_0584.jpg

上映終了後、映画製作ユニット「ワングース」の3人の舞台挨拶があった。
左から、磯崎さん、皆川さん、田中さん。

観客の中で半数の人は何度目かの鑑賞だったが、(中には15回目の人も!)
彼らのお人柄の良さからなのでは?と思わせるように
3人は熱心に質問に答えてくれた。

IMG_0590.jpg

舞台に上がったときも思ったが、実際に近くで会ったら
思った以上にかっこよかった。
とにかく、エネルギーに圧倒されてしまった。

IMG_0591.jpgお父さん役の山下ケイジさんと。


山下さんは53歳のときに役者を目指し
いまでは劇団を立ち上げて主宰を務めている。
すごい人だ。

若くてきらきらしたワングースの3人とその仲間たちが作り上げた
サスペンスコメディ。
田中監督の「人生は憂鬱だから、それを少しでも拭える作品になりますように」
という願いが十分届いた、ドキドキハラハラほっこりする映画だった。


帰り際、一緒になった女の子は「金髪の松本押し」だといっていた。
たしかに、ナイフ捌きがかっこいい。
おまけに、すごくいいやつだ。
いいやつのすることは、観ていたい。

田中監督、またいいやつがでてくる作品を期待しています!


今日も来てくれて、ありがとう。
ぽちっとよろしくお願いします。Ctrl押しながらだと、早いわよ~

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

0 Comments

Leave a comment