FC2ブログ

Welcome to my blog

猫と一緒にちょっと一息

ARTICLE PAGE

『存在のない子供たち』

  • CATEGORY映画
  • PUBLISHED ON2019/ 09/ 10/ 00:04
  • COMMENT0
『存在のない子供たち』

監督 : ナディーン・ラバキー
出演 : ゼイン・アル=ラフィーア ヨルダノス・シフェラウ ボルワティフ・トレジャー・バンコレほか

IMG_0617.jpg

中東の貧民窟に生まれ育ったゼインは、親が出生届をしていない為に
誕生日も知らないし、法廷に社会に存在していない。
両親に劣悪な環境で労働を強いられ、妹たちと路上で物を売る生活。
大切な妹が強制的に結婚させられ、
怒りと悲しみから家を飛び出してしまう・・・


レバノンで生まれ育ったナディーン監督が、3年のリサーチを経て作ったストーリー。
そこで、彼らが彼らの本当の人生を演じている。

ゼインの悲しい瞳。
屈託なのないヨナスの笑顔。
どうすることもできないラヒルの悲しみ。

力のあるものが、力のないものから少しずつ搾取する
弱い者にしわ寄せがいく社会の構図。
どこかで経ち切らなければならないのに、
いつまでも変わらない。

冒頭から、これでもかと観る者を圧倒してくる。
同じ時代に生きているとは思えない現実を突きつけられて、
胸が痛くなる。

文章で読むよりも、ニュースとして知るよりも
もっと心に突き刺さる。
映画の力はすごい。

重たいテーマではあるけれど、ぜひ多くの人に観てほしい。


今日も来てくれて、ありがとう。
ぽちっとよろしくお願いします。Ctrl押しながらだと、早いわよ~

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

0 Comments

Leave a comment